沿革

平成2年 設立大京インテリジェンスグローバル 有限会社 資本金500万円
平成11年1月・薬用ハーブ主原料とし、男性の強精・強壮、女性ホルモン調整作用に対応した商品「エネミン」の総販売元となる

・「ドクター・水素水」の製造・販売元としてテレビショッピングに於いて公開販売
10月      ・社名変更 株式会社フレンディア 資本金1,000万円に増資

・元大正製薬株式会社 研究医薬開発部門 統括部長花田和紀農学博士を顧問に迎える
平成13年1月新宿区高田馬場より渋谷区渋谷に本社移転、福岡県糟屋郡に販売会社設立
平成14年3月パナファームラボラトリーにて水素水の抗酸化作用の実験を開始する
平成16年7月島根医科大学及び城西大学にて「水素水が人の肌へ及ぼす影響の皮膚実験」の結果、水素水は真皮層に到達し、更に細胞を活性化する傾向にあることを突き止め、商品名「フル水素水」としてスキンケアの販売を始める
  12月    温かいお茶や紅茶、コーヒーなどで水素水を発生させる実験に成功し「唯ろり」という商品名で販売を開始
平成17年3月鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科において「水素豊富水(ドクター・水素水)におけるルミネッセンスリーダーを用いた抗酸化効果及び成人病抑制に関する研究」を開始
      4月 ・ソウルカトリック大学医学部放射線腫瘍学部において「抗酸化作用に関する効果、自覚症状の変化」の研究開始

・延世大学医学部において「高脂血症などに関する効果、自覚症状の変化」の研究開始
    6月    ・東京医科大学衛生学公衆衛生学において「還元水の引用が血液及び血管性状に及ぼす影響に関する研究」を開始

・にっぽんアンチエイジング協会の協賛会社となる
平成18年6月第1回アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京に出展、「東京国際アンチエイジング大賞」において「特別金賞」受賞
      7月社団法人日本通信販売協会 正会員となる
平成19年4月日本文化振興会より水素水の研究において社会文化功労賞を授与される
平成20年2月リンカーン平和記念財団より水素水の件、啓蒙に対して平和大賞を授与される
      8月渋谷区渋谷より港区南青山に本社移転
      9月日本医科大学及び鈴鹿医療科学大学にて水素水が認知症に有効であると学会発表
平成22年2月港区南青山より渋谷区神南に本社移転
平成23年9月第72回東京インターナショナルギフトショーに、弊社がブースを出展致しました。
10月「ドクター・水素温泉」の販売を開始致しました。
12月第3回スポーツ・サイエンス・テクノロジー・EXPOに、弊社がブースを出展致しました。
平成24年2月第73回東京インターナショナルギフトショー春に、弊社がブースを出展致しました。
3月第30回健康博覧会に、弊社がブースを出展致しました。
5月ビューティーワールドジャパン2012に、弊社がブースを出展致しました。
9月第74回東京インターナショナルギフトショー秋に、弊社がブースを出展致しました。
平成25年2月第75回東京インターナショナル・ギフト・ショーに、弊社がブースを出展致しました。
3月第31回健康博覧会に、弊社がブースを出展致しました。
5月ビューティーワールドジャパン2013に、弊社がブースを出展致しました。
9月第76回東京インターナショナルギフトショー秋に、弊社がブースを出展致しました。
平成26年2月第77回東京インターナショナルギフトショー春に、弊社がブースを出展致しました。
3月第32回健康博覧会に、弊社がブースを出展致しました。
9月第78回東京インターナショナルギフトショー秋に、弊社がブースを出展致しました。
12月「かんたんスッキリ水素水」の販売を開始致しました。
12月「ドクター・水素水ペット(スティック/維持版)」の販売を開始致しました。
平成27年2月第79回東京インターナショナルギフトショー春に、弊社がブースを出展致しました。
3月第33回健康博覧会に、弊社がブースを出展致しました。
9月第80回東京インターナショナルギフトショー秋に、弊社がブースを出展致しました。
10月「白金ナノコロイド水素水」の販売を開始致しました。
11月ダイレクトマーケティングフェア2015に、弊社がブースを出展致しました。
平成28年2月「ドクター・水素水 NEU PREMIUM ミネラルT(3ヵ月タイプ)」の販売を開始致しました。
3月「健康・美容の新水素水(ケイ素配合)」の販売を開始致しました。
9月第82回東京インターナショナルギフトショー秋に、弊社がブースを出展致しました。
12月「マルベリー・ピーティ」の販売を開始致しました。
12月「ミラキ H2プラチナフェイスソープ」の販売を開始致しました。
平成29年6月渋谷区神南より渋谷区本町に本社移転

Copyright(c) 2017 FDR・フレンディア All Rights Reserved.