水素水のパイオニアとして

㈱FDR・フレンディアは世界で一番最初に水素水を商品化した会社です。
1999年1月26日『ドクター・水素水』の第一号を世に送り出しました。

世界が水素の力を知らなかった時代に、なぜ弊社代表取締役大丸智里は誰よりも早く水素水に注目し、商品化したのか・・・そこにはこのような水素との出会いがありました。

昭和40年、大丸が25歳の時、読売、朝日の両新聞に「水道水からトリハロメタンが検出」との記事が掲載されます。
それまで、日本の水道は安全で安心と疑わなかった大丸にとっては、非常に大きな事件でした。

その報道を境に、大丸の水に対する興味は深くなり、当時の職業である俳優業の傍ら、水に関係する本を多数読み、独自に『水』の研究を始めます。
そしてついには自ら浄水器を製造するようになります。

そんなある日、酸素を発生する微生物と水素を発生する微生物の存在を知ります。
そこには、酸素を発生する微生物の酸化を、水素を発生する微生物が中和する事によって存在しているとありました。

そこで、大丸にひとつの推測が生まれます。

「酸素を必要とする我々人間の存在も微生物と同様、水素と言う分子に起因をするのでは?」

浄水器の機能だけでは限界を感じはじめていた1990年。

「水素分子を水素水として体内に入れるとどうなるのであろう?」との発想が生まれます。

その後は、今まで以上に積極的に研究者と会いました。
水素や電気分解水の研究者とも、一緒に研究を続けました。

そして、一冊の文献に出会います。

その作者は、大丸よりも10年以上も前から水素の研究をしていました。
その文献より、金属マグネシウムと水との化学反応で水素を発生させ、水素水を作り出す方法を知り、製品化を具体化します。

しかし、問題は山積みでした。

マグネシウムとの化学反応では、水自体が白濁して臭みも出てしまい美味しくない。
美味しくないものは、長く飲み続ける事は出来ないため、原料の選別と加工技術にかなりの時間が費やされました。

水素水を身体に入れる良さは、自らが実験台となり、こまめに健康診断を受け続け数値を比較し続けました。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因となる活性酸素の中和についても、医薬品の試験受託メーカーに商品を持ち込んで、実験結果を確認しました。

販路を得るため、色々な会社へ持ち込んだものの、前例のない商品に付き、どこも取り合ってくれませんでした。

そして3年が経過した1999年1月26日、世界初の水素水商品『ドクター・水素水』の第一号が、ジュピターチャンネルでのTVショッピングで、お披露目されました。

TVスタジオにて大丸が実演販売をした世界初の水素水商品『ドクター・水素水』は、初お披露目にも関わらず放送開始30分で、1,000セットすべて完売。
一週間後の放送時には5,000セット、3月には製造工場を増やし20,000セットを用意するが、それもすべて完売します。

水素の力は一瞬にして世間に驚きを与えました。

その後は研究機関、大学、学校関係、医療関係の人々が連日、大丸の元に真偽や研究結果、情報取得に訪れ、水素に注目し始めます。

利益を研究費にあてて、多数の大学や研究機関と共に『ドクター・水素水』での、水素研究と実験結果を発表します。

その結果、水素水における様々な臨床試験などの企業姿勢が評価され、2007年に日本文化振興会より社会文化功労賞を受賞、2008年には水素水の研究に対してリンカーン平和記念財団より平和記念大賞を受賞することとなります。

今や世界中の大学が水素水に注目し、328報以上の論文が学会で発表され、多数の企業が水素水商品に参入してきました。

現在の『ドクター・水素水 白金ナノコロイド ゴールド』でシリーズ12代目。

28年以上にわたる研究、シリーズ累計で910万本(328万人のユーザー様)を超える販売実績より集まるユーザー様のご意見や水素水における長年のノウハウにより、現状に満足することなく『ドクター・水素水』は、これからもより高いステージへと向かっております。

今後も、㈱FDR・フレンディアは水素水界の先駆者及びリーディングカンパニーとして、健康をキーワードに、安心・安全で満足いく商品を皆様に提供し続けます。

Copyright(c) 2017 FDR・フレンディア All Rights Reserved.